Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

医学-感染症

生ワクチン・定期接種ワクチンのゴロ

ワクチンの種類 生ワクチン 病原体の感染性を弱めたもの →病原性は弱いが有るため、感染症状を示すことがある。その代わり液性免疫と細胞性免疫の両方を獲得できる 不活化ワクチン 病原体を殺して感染性をなくしたもの →感染のおそれがないため安全だが、得…

MICとMBC

どちらも薬剤感受性試験(希釈法と拡散法の2種類ある)の際に用いられる指標。 希釈法 抗菌薬を段階的に希釈して試験管内に入れる

外毒素と内毒素

外毒素(エキソトキシン) 細菌が産生し菌体外に分泌する毒素(主にタンパク質)=外に放出するので外毒素 グラム陰性・陽性に関係なく産生しそれぞれ作用が異なる。以下有名なものの例を。 黄色ブドウ球菌のエンテロトキシン 腸管毒 腸管出血性大腸菌のベロ毒素…

抗原連続変異と不連続変異

インフルエンザウイルス オルトミクスウイルス科に属するRNAウイルスで、エンベロープを持つ。A, B, Cの3種類の型がある。B, Cは人のみに感染するが、Aはトリやブタにも感染(=人畜共通感染症)

麻疹と風疹の違い

麻疹(Measles) パラミクソウイルス科のRNAウイルス。空気感染(飛沫、接触もあり)、5類感染症。5歳くらいに好発。

抗菌薬のまとめとゴロ

作用による分類 薬物動態による分類 βラクタム系 グリコペプチド系 ニューキノロン系 リファンピシン アミノグリコシド系 テトラサイクリン系 クロラムフェニコール系 マクロライド系 作用による分類 □細胞壁合成阻害 βラクタム、グリコペプチド □核酸合成阻…

グラム染色のまとめとゴロ

グラム染色の機序、および染色性の覚え方・染まらない細菌。グラム陽性菌 一層の厚いペプチドグリカン層からなる グラム陰性菌 ペプチドグリカン層は薄く結合も疎で、外側にリポ多糖などからなる外膜が存在する グラム染色の機序 (1) クリスタル紫 →全て染ま…


HOME

人気記事

カテゴリ

Top