読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

上皮の分類

単層扁平上皮

薄っぺらい一枚の上皮。物質の交換に適しているため、血管内皮肺胞上皮に代表される。中皮(側板由来の心膜、胸膜といった体腔表面を覆う膜)もこれにあたる。

重層扁平上皮

厚い→外界からの保護に適する。表皮、食道、膣など。

円柱上皮

物質の吸収に働く。胃・小腸・大腸など。

多列(線毛)上皮

単層円柱上皮の亜型で、実際には1層だがそれぞれの大きさが違うため何列かに分かれている様に見える(偽重層上皮とも呼ばれる)。線毛を持っていることが多いので、運搬に働く。気管、卵管・精管、鼻腔など。

単層立方上皮

立方体。腎尿細管、甲状腺の濾胞細胞など。

移行上皮

厚さが変わる→貯留に役立つ。腎盂、尿管、膀胱など。


HOME

人気記事

カテゴリ

Top