読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

急性白血病と慢性白血病/白血病裂孔とは

白血病とは

血液中に含まれる白血球、赤血球、血小板は、すべて骨髄の造血幹細胞から分化成熟してできるが、白血病はこのどこかの段階で白血球の造血幹細胞に変異が起こり(異常クローン細胞)、腫瘍性に増殖したものを指す。

症状としては

①骨髄が異常クローン細胞で埋め尽くされるため、正常な血球を作れない⇒赤血球・白血球・血小板がすべて減ってしまう(=汎血球減少)

②末梢血での白血球↑↑ …ほとんどが異常クローン細胞なので、もちろん免疫などの機能は持たない

③臓器浸潤…発熱リンパ節腫脹歯肉腫脹など

 

急性と慢性の違い

普通、急性・慢性といったら時間経過の差を指しているように思えるが、白血病の場合はそうではなく、分化能の有無が問題となる。

急性白血病

分化能を全く持たない異常クローン細胞が増殖⇒末梢血では普通の成熟白血球+特定の段階で分化が止まった大量の芽球が見られるため、その中間の段階の白血球は見当たらない。そのため下図のような白血病裂孔が出現する。

 

慢性白血病

分化能を保った異常クローン細胞が増殖⇒末梢血では普通の白血球+分化の初期~成熟段階までのすべての血球が存在するため、白血病裂孔は見られない

 

白血病裂孔

 <参考>

STEP内科2 感染症・血液 第3版


HOME

人気記事

カテゴリ

Top