読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

中心性肥満、満月様顔貌、buffalo humpの原因

体幹部・顔面に脂肪が沈着する中心性肥満 (central obesity)と満月様顔貌 (moon face)、後頚部に脂肪沈着が起きるbuffalo hump (野牛肩)は、どれもcushing症候群ステロイドの副作用として現れる症状。この原因として、脂肪の合成と分解のアンバランスが挙げられている。

コルチゾール vs. インスリン

糖質コルチコイドの作用として、脂肪細胞に働いてグルコースの取り込みを阻害、中性脂肪の生合成を抑制し、さらに遊離脂肪酸とグリセロールを放出させる、というものがある。

=脂肪分解

 

ただ、糖質コルチコイドにによる高血糖の影響で、インスリン分泌が増える。インスリンは筋・脂肪組織でのグルコース取り込みを促進し、脂肪細胞における中性脂肪の合成を促進する。

=脂肪合成 

 

つまり、糖質コルチコイドとインスリンは拮抗関係にあり、一部の組織では糖質コルチコイドが優位に働き脂肪分解が、一部では逆に脂肪合成が促進される、という風に体脂肪の異常分布が起きる。その結果、体幹や顔面にのみ肥満が起き、四肢は痩せる特徴的な体型となる。

 

<参考>

標準生理学 第8版

 

moon face

Cushing's syndrome - Wikipediaより

↑ 満月様顔貌。

buffalo hump

http://cushingsmoxie.blogspot.jp/2012/04/day-28-buffalo-hump.htmlより

buffalo hump (上)と本物のバッファロー (下)。

buffalo hump

American bison - Wikipediaより


HOME

人気記事

カテゴリ

Top