Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

β-D-グルカンとは

真菌の細胞壁

f:id:okotono:20170828210311p:plain

多くの真菌が外側からマンナン・β-D-グルカン・キチンという物質で構成される。また、細胞膜にはエルゴステロールという物質があり、これらは人間の細胞を構成する物質ではないため、抗真菌薬の標的となる。

上昇するもの

血中のβ-(1→3)-グルカンを測定することで深在性の真菌症をスクリーニングできる。深在性真菌症としてよく挙げられるのはカンジダ・アスペルギルス・クリプトコッカス・ムーコル≒接合菌・ニューモシスチスだが、ムーコルはβ-D-グルカンを持たず、クリプトコッカスは莢膜に包まれていて血中に出てこないため、β-D-グルカンは上昇しない。また、表在性の真菌症(口腔カンジダ、白癬菌症など)は、血中まで菌がいかないため上昇しない。

カンジダ・アスペルギルス・ニューモシスチスで上昇

→そもそも、深在性真菌症が起きる、あるいは重症となるようなケースは限られていて、真菌を疑うべき状況=免疫低下している状況を加味する必要がある。例えば、

 

・白血球減少(白血病)

・糖尿病

・抗がん剤、免疫抑制剤、ステロイド投与

・AIDS

・重症感染症、急性膵炎

・外科手術後

・カテーテル留置

などなど。

 

覚え方としては、

βニューギルカン」(ギルはアスペルギルスのギル)

グルに入門はアカン」。

検査特性

 検査キットによって感度・特異度が異なる。日本で使われるのが、MK法とワコー法で、MK法は感度が高く、ワコー法は特異度に優れるという特徴があるそう。

また、偽陽性も存在し、不要な抗真菌薬の投与につながりかねない。例としては、

 

・セルロース素材の透析膜による血液透析

・アルブミン製剤、グロブリン製剤

・レンチナンなどのβ-D-グルカン含有製剤

など。

 

<参考>

深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014

http://www.mycoses.jp/guideline/

http://fhugim.com/?p=3086


HOME

人気記事

カテゴリ

Top