Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ型アレルギーの機序と代表疾患

そもそもアレルギー(allergy)とは、免疫反応の結果もたらされる生体の傷害のこと。普段は侵入してきた異物を排除するための免疫機能が、過敏に反応してしまう。機序の違いによって大きく4つに分けられる。

  • Ⅰ型アレルギー
    • 代表疾患
      • アナフィラキシーショック
      • アレルギー性鼻炎
      • 気管支喘息
      • アトピー性皮膚炎
      • 食物アレルギー
      • 蕁麻疹
  • Ⅱ型アレルギー
    • 代表疾患
      • 不適合輸血
      • Rh不適合妊娠
      • 自己免疫性溶血性貧血(AIHA)
      • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
      • Goodpasture症候群
      • 慢性甲状腺炎
      • 甲状腺機能亢進症
      • 重症筋無力症
  • Ⅲ型アレルギー
    • 代表疾患
      • SLE, ループス腎炎
      • 急性糸球体腎炎
      • クリオグロブリン血症
      • 過敏性肺炎
      • 血清病
  • Ⅳ型アレルギー
    • 代表疾患
      • 接触性皮膚炎
      • ツベルクリン反応

Ⅰ型アレルギー

即時型アナフィラキシー型とも。抗原に曝露後数分~数十分で症状が出るのが特徴。

1型アレルギーの機序 *1

①花粉やダニといった抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると、ヘルパーT細胞(Th2細胞)がB細胞に指令を出し、形質細胞へ分化させる

②形質細胞からその抗原に特異的なIgE抗体が産生される

続きを読む

Levine分類とは

Levine (レバイン)分類は、心雑音の強度を示したもの。1度から6度まであって、6度が一番強い。振戦があるのはⅣ度以上。表記の際は、「胸骨左縁第3肋間を最強点とするⅢ/Ⅵの拡張期雑音」といった形になる。

 

Levine分類

Ⅰ度

微弱な雑音。注意深く聞くと聴取可能。

Ⅱ度

弱いが聴診器を当てればすぐに聴取可能。

Ⅲ度

明瞭に聴こえるが振戦(スリル)はない

振戦(srill)…胸壁に手を触れただけで感じる心雑音。

Ⅳ度

明瞭に聴こえ、スリルもある。

Ⅴ度

聴診器の端を当てただけで聴こえる強い雑音。スリルあり。

Ⅵ度

聴診器を胸につけず少し離して聴くだけでも聴こえる。スリルあり。

 

2音の分裂まとめ

心音のII音は、心臓が拡張した時に大動脈弁と肺動脈弁が閉まる時の音。大動脈弁成分をIIA、肺動脈弁成分をIIPとすると、特定の条件下でIIAとIIPの2つの音がバラバラに聞こえることがある(分裂)。

  • 生理的分裂
    • 吸気時
  • 固定性分裂
    • ASD
  • 病的分裂
    • PSの場合
    • 右脚ブロックの場合
  • 奇異性分裂
    • ASの場合
    • 左脚ブロックの場合

生理的分裂

その名の通り普通の人でも聞こえる吸気時の分裂。


2音の生理的分裂

吸気時

① 息を吸うと横隔膜が下がって胸腔内圧が低下する

② 胸腔内圧による圧迫が取れた静脈は拡張して、右室へ戻ってくる血液の量が増える=静脈還流量の増加

③ 右室が肺動脈へ駆出する血液量が増える

駆出時間の延長によって肺動脈弁の閉鎖 (IIP)が遅れる 

続きを読む

大脈/小脈と速脈/遅脈

脈を触れた時の拍動の強さや立ち上がりの速さを表した用語。頻脈や徐脈とはまた異なるので注意。

f:id:okotono:20170717091108j:plain

  • 大脈/小脈
    • 大脈をきたす疾患
    • 小脈をきたす疾患
  • 速脈/遅脈
    • 速脈をきたす疾患
    • 遅脈をきたす疾患

大脈/小脈

脈を触れた時に拍動をより強く感じることを大脈(pulsus magnus)、弱く感じるものを小脈(pulsus parvus)と呼ぶ。脈圧(収縮期血圧–拡張期血圧)が高いほど脈を強く触れるようになる。

続きを読む

特殊な名前の心雑音その2(人名)

その2では人名のものを4つ。 


※調べて見たところ、100回以降の国試で名前が直接問われているのはAustin Flintのみでした(101B72)。なので無理に固有名詞を覚える必要はなく、肺高血圧になるとPRになるとか、僧帽弁の血流量が増えるとMSの音が聞こえるといった感じで理解しておけばいい気がします。

  • Austin-Flint雑音
  • Carey-Coombs雑音
  • Graham-Steell雑音
  • Rivero-Carvallo徴候

Austin-Flint雑音

AR (大動脈弁閉鎖不全症)

拡張期に大動脈から血液が逆流してくると、僧帽弁が開きにくくなる→相対的なMS拡張期ランブルをきたす。

覚え方としては、「Austin fLint→AとL→AR」。

Austin Flint雑音Diastolic Murmurs | Thoracic Keyより

続きを読む

HOME

人気記事

カテゴリ

Top