Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

運動と感覚の伝導路まとめ

それぞれが色んな所で交叉したりしなかったりするので、面倒くさくて苦手なところ。大きく分けて4種類の伝導路を覚えておけばとりあえず何とかなる?

皮質脊髄路(錐体路)

「大脳皮質」から「脊髄」へ行くルート。つまり下行性の伝導路で、随意運動を伝える。

f:id:okotono:20170726014239p:plain

① 大脳皮質の一次運動野から上位運動ニューロンが出る

内包後脚・中脳の大脳脚を通って延髄の錐体へ

延髄下部の錐体交叉対側へ

④ 脊髄の側索を下行し、前角で下位運動ニューロンとシナプスを形成

※正確には皮質脊髄路には、外側皮質脊髄路前皮質脊髄路2種類があって、錐体路として有名な、延髄の錐体で交叉するやつは外側の方。一方、前皮質脊髄路では、錐体では交叉せずそのまま下行して、同側の脊髄前索を通って脊髄の各レベルで交叉する。こいつは体幹や近位筋の運動を支配しているが、臨床的には外側皮質脊髄路より重要度で劣るうえ、試験にも出なさそうなので、割愛。もう少し詳しい図はhttp://blog.livedoor.jp/mentalot/archives/4354521.htmlにもあります

脊髄視床路

「脊髄」から「視床」を通って大脳皮質へ。2種類あって、外側脊髄視床路は温痛覚を、脊髄視床路は粗大な触覚を伝える。両方ともだいたい同じ経路。

粗大な触覚

何かが触れているのは分かるが、はっきりした部位や性状などは分からない大まかな感覚。

識別性触覚

触れている部位や、物体の性状がわかるような精密な触覚。「右手にピンポン玉を持っている」など。こっちはあとに出てくる後索-内側毛帯路を通って伝えられる。

f:id:okotono:20170726014459p:plain

外側脊髄視床路の場合。前脊髄視床路では、脊髄を上行する位置が少し前方になる。

① 皮膚や粘膜の感覚受容器が温痛覚を受容

② 1次ニューロンは後根神経節を通って後角で2次ニューロンとシナプス

③ 2次ニューロンはそのまま(脊髄のレベルで)対側へ交叉する

④ 上行して脳幹を通って視床で3次ニューロンとシナプス

⑤ 大脳皮質の体性感覚野へ

後索-内側毛帯路

単に後索路と書いてあることも。前述の識別性触覚と、(意識できる)深部感覚を伝える。ゴロ合わせは「後ろの毛を深く触る」(後ろ=後索、毛=内側毛帯、深く=深部感覚、触る=触覚。深く触っているのでより精密な識別性触覚。)

(意識できる)深部感覚

振動覚位置覚。筋・関節・皮下組織などの受容器から伝えられる感覚で、位置覚では関節の曲がり具合などからその位置や動きを察知する。

f:id:okotono:20170726014646p:plain

① 皮膚・関節・筋などで識別性触覚と深部感覚を受容

② 1次ニューロンは脊髄後根から同側の後索を通って上行

③ 延髄下部の後索核で2次ニューロンとシナプス

④ 2次ニューロンは延髄下部で交叉 (decussation)し、内側毛帯 (medial lemniscus)を通って上行

視床で3次ニューロンとシナプス

⑤ 大脳皮質の体性感覚野へ

 

※ちなみに後索には薄束 (fasciculus gracilis)と楔状束 (fasciculus cuneatus)の2種類があって、薄束は下肢、楔状束は上肢というように分かれている。

脊髄小脳路

意識できない深部感覚を伝える。脊髄から小脳に行くため、大脳皮質による認知が行われない (=意識できない)、と考えればわかりやすいかも。

意識できない深部感覚

筋紡錘や腱紡錘から伝わる、筋の長さや緊張度合いのこと。小脳が障害されてこの機能が損なわれると、姿勢の保持や歩行の調節などができなくなり、酩酊歩行と呼ばれる状態になる。

脊髄小脳路 *1

筋紡錘や腱紡錘から入った刺激は大脳を経ずに小脳(虫部)に伝えられる。上肢と下肢で経路が異なるが、同側を通ることだけ覚えておけば多分OK。

 

<画像出典>

解剖図はhttp://www.fpnotebook.com/mobile/Neuro/Anatomy/index.htmより

*1 http://what-when-how.com/neuroscience/the-spinal-cord-organization-of-the-central-nervous-system-part-2/

 

<参考>

病気がみえる vol.7 脳・神経 第1版


HOME

人気記事

カテゴリ

Top