読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

登上線維と苔状線維

ポイントは

プルキンエ細胞…小脳で唯一、出力信号を発する。しかもGABA作動性の抑制性ニューロンを形成。

苔状線維…小脳への入力。主に橋核から起始。小脳核及び顆粒細胞にグルタミン酸作動性の興奮性ニューロンを送る。

登上線維…小脳への入力。延髄の下オリーブ核のみから起始。プルキンエ細胞に直接グルタミン酸作動性シナプスを送る。

 

小脳皮質へと入力する神経線維

http://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r_diag/Research1-2.htmlより

 

順を追って説明すると、

①大脳皮質から運動器への指令は同時に小脳へも入る。橋や脊髄・前庭などから発した苔状線維は一部は小脳核にそのまま(メインループ)、一部は顆粒細胞へ、興奮性に出力する(サブループ)。

②顆粒細胞は小脳皮質において平行線維を作り、星状細胞や籠細胞(バスケット細胞)、ゴルジ細胞(抑制性の介在ニューロン)を介してプルキンエ細胞に出力。プルキンエ細胞は抑制性の出力を小脳核へ送る。

③このようにサブとメインのループが興奮と抑制の関係でもって調節しあう。

登上線維下オリーブ核から起始し、プルキンエ細胞に直接興奮性のシナプスを作り、サブとメインの調節の誤差を修正する。

 

参考:

病気がみえる vol.7  脳・神経 第1版

分冊 解剖学アトラスⅢ 神経系と感覚器 第6版


HOME

人気記事

カテゴリ

Top