読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Things in the closet

ゴロ合わせは拝借&下ネタ満載ですのでご勘弁

 MENU

初乳と成熟乳(成乳)の違い

初乳とは

分娩後3, 4日ほどで出てくる最初の母乳のこと。見た目に黄色く粘調性がある。移行乳を経て大体10日ほどで白い成熟乳(成乳)に変化する。ちなみにこの黄色い成分はβ-カロテンで、体内でビタミンAに代謝される。

 

初乳と成乳

Colostrum - Wikipediaより。左が4日目の初乳、右が8日目の成乳(移行乳)。

初乳と成乳の違い

初乳の主な役割は、免疫力の低い児に対して補填をする+胎便排泄を促すの2つ。成乳はエネルギー源としての役割が強い。

初乳の方が多いもの

免疫物質

免疫グロブリン (特に分泌型IgA)、ラクトフェリン、リゾチームなど。

タンパク質

グロブリンがタンパクなので覚えやすい。

初乳の方が少ないもの

カロリー、乳糖、脂肪

上述のように、エネルギー源としての役割は成乳の方が強い。

 

<参考>

STEP 小児科 第3版

母乳育児支援スタンダード 第2版


HOME

人気記事

カテゴリ

Top